スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2010の投稿を表示しています

太陽コロナを音楽で表現すると・・

コロナループの写真(TRACEのHP(外部リンク)より)
英国のシェフィード大学の研究者が、太陽の表面のコロナの動きを科学的に音楽に変換して、大学のホームページ(外部リンク)に公開しました。たったの6秒間ですが、だまされたと思って聞いてみてください。太陽だけあって神々しさを感じる音楽です。自然現象を音楽で表現するというのは、なかなか面白いです。

太陽の表面は6000度というのは知られていますが、表面から噴出しているコロナは100万度にも達するプラズマです。あるときは数10万キロメートル(地球の直径の10倍以上)も吹き出ることもあります。写真を見て分かるように噴出したコロナはループを描いて表面に戻っています。これは磁力線にプラズマが巻き付く性質があるからです。

核融合発電のことを「地上の太陽」というキャチフレーズで呼ぶことがありますが、太陽のスケールはあまりにも大きいので、「地上の太陽」はちょっと大げさな気もしてきます。