スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

発電所が使う燃料と廃棄物の重さ比較

先日、核融合発電についての講演をしましたので、その発表スライドからいくつかピックアップしてみました。 ☆最初は、100万キロワットの発電所1基が、一日に使う燃料の重さと大きさの比較です。 石炭火力で使う石炭の量がいかに大きいかわかります。これを輸入しているわけで、輸送時の消費エネルギーも無視できません。 原子力発電の燃料であるウランは、核物質であるため、セキュリティが厳しいのが問題です。 核融合発電の燃料は軽く、セキュリティの問題もありません。
☆次は廃棄物の重さ。やっぱり石炭火力からでる二酸化炭素の量はただごとではありません。原子力発電の廃棄物は、みなさんご存じのとおり、捨てる場所さえ決まっていません。 核融合発電からの廃棄物はヘリウムで無害です。量も少なく、温室効果ガスでもありません。これだけでも核融合発電は十分な優位性を持っていると思います。
(補足)核融合発電は、発電所の中で循環して使う三重水素(トリチウム)の放射能と中性子による金属材料の放射化があるので、全くの無害ではありません。しかしその潜在的なリスクは、原子力発電の1000分の1以下で、100年で減衰します。