スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

超伝導磁石が爆発するわけがない

★日本で出版されたいくつかの書物に、「核融合発電のための超伝導磁石はTNT火薬○○トンのエネルギーを蓄積しているので『爆発』するかもしれない」と書かれています。中には、「日本物理学会編」というものもあります。私は長い間、超伝導磁石の研究をしていますが、超伝導磁石自身が爆発したというはなしを聞いたことがありません。(当然、永久磁石でも)

☆そもそも爆発といのは、物体(ガスなど)が一瞬で膨張して、周りに爆風などをもたらすことです。さて、超伝導磁石は電磁石です。導線を巻いて電流を流すコイルです。(磁気エネルギーを持っているので、外側に膨張しようとする電磁力が働いているのは事実です)そこで、少し膨張させてみましょう。導線は切れて、電流は流れなくなります。それ以上電磁力は働かず、膨張はしません。(もし、導線がゴムのように伸びるのであれば、一瞬で膨張させることもできるかもしれませんが)回りくどい言い方かもしれませんが、超伝導磁石を爆発させることは不可能です。

★色々な本が書店に並んでいますが、(当然ですが)全て真実が書かれているわけではありません。あまりにも極端な(人を脅かすような)比喩表現には注意が必要だと思います。そんな本が売れたりするのでしょうが・・