スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

ドイツのステラレータ型プラズマ実験装置がほぼ完成

先日ドイツから、建設中のヴェンデルシュタイン7X(W7-X)というプラズマ実験装置がほぼ完成したというニュース(外部リンク)が入りました。(真空容器に取り付ける254個すべてのポートの溶接が完了したそうです。)そして来年2014年には運転を開始します。

W7-Xは、いわゆるトカマク型ではなく、分類では日本の大型ヘリカル装置(LHD)と同じステラレータ型ヘリカル型とも言います)と呼ばれるタイプです。またLHDとほぼ同じサイズで、直径10メートルを少し超えるくらいです。違うのは、超伝導電磁コイルの形。上の図のように、複雑な形をした50個のコイル(青い部分がコイル、黄色い部分はプラズマ)がドーナツ状に並びます。最初はこんな複雑なものができるのかと思いましたが、ドイツもやりましたね。

これで世界に2大ステラレータが完成したことになります。競争相手ができたことも嬉しいし、どんなプラズマができるのかとても楽しみです。