スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2010の投稿を表示しています

核融合発電の優位性〜資源編〜

核融合発電に使われる資源は、重水素リチウムです。(燃料である三重水素はリチウムから生産されます)重水素は水に含まれているもので、リチウムは鉱山や塩湖から採取されている金属ですが、将来は海水から採取することが可能になります。つまり、重水素リチウムも海水から採取できる事実上無尽蔵な資源です。枯渇の心配がないだけでなく、偏在性がなく誰もが利用できる資源です。
☆ここで発電に必要な資源の量を計算してみました。携帯電話1台には0.3グラムのリチウムが含まれています(電池の中に)。また水3リットルの中には0.1グラムの重水素が含まれています。この2つを燃料にして、核融合発電を行うと、私たち一人当たりが1年間に使う電気を作ることができます。
☆同じ電気を火力発電で作ろうとするとなんと1トン(100万グラム)の天然ガス(や石油、石炭)が必要となります。そしてそれらの資源は遠くの国からタンカーなどで輸送されてきます。核融合発電の資源は、とても量が少ないことと近隣で生産できるため、輸送にかかる二酸化炭素をほとんど排出しません。
☆しかも核融合発電の資源(重水素リチウム)は無害で、自発的に反応を起こして爆発することはありません。(たとえ爆破装置が仕掛けられても)長期的な貯蔵も安全に行うことができます。